読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族というのは難しくて、家族といっても他人なので、何を考えているのかわからないことが多い。

「かつサンドは食べるのにメンチカツサンドは食べないんだ、ふーん。メンチカツ、特に君の嫌いなもの入ってなさそうなんだけどねえ。」

と13歳児に言ったら、「僕は美味しいものは食べる。美味しくないものは食べない。ただそれだけ。」と返された。

そこである。君が何を美味しいと思うのか、そして思わないのか。そこに難しさがあるのだよ。だって私は、野菜を美味しいと思うし、ビビン(混)になっているご飯や麺も好きだし、からしも食べるんだよ。

 

デジャブのようなことがまた起きた。

「僕は好きなものが食べたい。」

「君が好きなものを私はわからない。君が何を嫌いかは知っているけれど。」

頑張れ、私の想像力。

 

最近、訳あって料理に関する漫画を探して読んでいるのだけれど、自分にご飯を作るのと、他人にご飯を作るのはかなり違う性質の活動だとよく思う。

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

 

 

 まあ、想像したいって思えるかどうかが、愛しているかどうかの分かれ目なのかもね。