読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分かれ道

もう、悩んでも迷っても決めるのは自分だし、相談する人もそんなにいないんだよね。こうやっていろんな選択を乗り越えて、責任をとっていくんだなあと。

 

壮大な背景を書くためには本を書くのが良い。論文には紙幅の関係でそれを十分に書くことができない。論文は焦点を絞った一つの研究を書ききるものだから。

これはいろいろな人から、私がよく言われてきたことだ。

 

つまり、壮大な問題提起をしたいのであれば、本を書くべきなんだと思う。じゃあ、学術書を含め本を書けるようになる、書かせてもらえるようになるためには、どんなステップが必要だろうか。

 

それは、堂々巡りのように思われるかもしれないけれど、小さな成果を積み上げて行くことの延長にしかないのだと、私は思っている。つまり、研究者ならこつこつ論文を書くこと。

あとは、やっぱり、仲間を探すこと、仲間をつくることだと思う。

他の方法を知っている人がいたら、教えてください。

 

f:id:hari_nezumi:20170226144312j:plain