読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖母

私には存命の祖母が2人居る。

 

1人はかなり認知症が進んでいる。都内の自宅(マンション)を改装し住み続け、私の母が同居している。日中はデイサービスに通っている。

1人は兵庫県宝塚にあるベネッセが経営する高齢者住宅に住んでいる。

後者の方が、体調が芳しくないという連絡があった。何処が病気ということではなく、いわゆる衰弱だろう。かなりの年齢なのでいたし方ない。連休に小さかった人を連れて面会に行く計画を立てたが、何がいつあってもおかしくない。(というリスクが私や小さい人よりも幾ばくか高い)

 

父方の祖母が他界する日が近いようだが、その時、父が落ち込むのではないかと少し心配した。人が他界するのはよく頑張ったご褒美だと思う。父には気丈に、お疲れ様と思って見送って欲しいと思う。

死について考えると、よく思い出すのは黒澤監督の『夢』という映画である。

オムニバスの中に、死者を送る祝典が出てくる。