読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の死

デヴィット・ボウイが亡くなったことも、案外すんなり受け入れられてしまいました。昔よく聴いたのにね。こうやって今まで、大抵の人の死を受け入れてきました。

そんな私は薄情なのでしょうか。

ーー

それよりも、数日前の渋谷シネマライズが閉館の方が考えてしまったのです。

これは、人は必ず死ぬと思っているからで、一方で映画館は閉まると思っていないからなんだと思いました。あくまでも私にとってのリアリティ、想定の範囲内かどうか。

ーー

出逢いかあれば別れがあると思っているから、出逢った傍から離れるときのことばかりを考えてしまう。私はそんな人でした。

私は、自分が両手を広げた距離よりも遠くに相手がいたら、遠いなあと思ってしまう。すごく遠いのかどうかは、さして興味がない。

何も始められないじゃないかというと、そんなことは無くて、終わってしまうものだからこそ愛しく思える。つまり、恋人は去るもの、しかし愛はそこにあるもの。

ーー

では、愛に終わりは来るのでしょうか。

愛は、もしかしたら、映画館みたいなものなのかなと思いました。

いつもあると信じていた。

だからこそ、終わった時、物哀しい。

ーー

私の中で、永遠にシネマライズは生きているんだと思います。