読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pink!Pink!Pink!

引き続きスプリングコート。フューシャピンクのストールに、ラインストーンが入ったストールリングをつける。非常に気分が上がった。今日も、かなり仕事が捗った。

 

昨年までは、ピンクを薦められることに違和感があったのだけれど、最近、肌と目の色が根拠だということもあり、開き直るようになった。特に、長く付き合っている人は自分よりも自分のことを知っているのかもしれない。美容院のカラーリストさんはもう12年同じ人(彼女の産休育休を除く)。ネイリストさんは5年かな、毎月洋服を一緒に見てくれるスタッフさんはイメージチェンジを考えてからなのでちょうど1年になる。彼女らがみな言うのだからそうなんだろう。。。

生まれる前から付き合っている女将の「たえさん」に始まり。私には他にもずっと付き合っている人がいる。私は専門職、スペシャリストとの会話を楽しむのがとても好きなので、担当の人が居るときに合わせて約束をしてからこれらに出かける。技術が高いことも勿論なのだが、回を重ねるに従って楽しめることが増えてくるのも良い。

 

引っ越しても同じ人に会いに行く。これは私の生きるためのルーティンワークなので、仕事があろうと外すことはない。授業があるのと同じように、これは2週に一回とか、これは月に一回とか決めて、彼・彼女らに、「人に」会いに行く。祖父母も両親もそういう習慣を持っていたので、自然と人見知りな私も同じようなことをしている。

友達と出かける的なことはあまりしないし、そういうの前もって決められない無精だが、ルーティンは続けられる。

 

一点、朝に仕事関係でトラブルがあったが、認識の齟齬があったというお互いの理解ができたので、日中あまり引きずらずに過ごせた(電話先の声を3回ほど思い出したが)。私は細かいことがとても気になって、たまにそこから動けなくなることがある。

けせらせら。そろそろ、また、たえさんにも会いに行かないと。