読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦痛

あーいやだ。 

と書いてもいいと思えるところがなくなりました。twitterはやめてもトラックしてくる人がいて、ブロックしても、のんびり、あら私がフォロー外しちゃいましたかと声をかけられることがあります。いえ、私がアカウントを変えて、逃げているだけです。どこまででも、逃げたかっただけです。あーいやだった、いや今日はたのしかった、と。そういうことを言っていていいところに居たいだけです。

それも赦してもらえないのが、公人のTwitterかもしれません。ここもいずれそうなるのでしょうか。私にはよくわかりません。

 

そもそも、人は、あーいやだなんて言っちゃいけないのかもしれません。

 

ーー

でも今日は言いたいです。この数日悩んでいることがあります。

なぜ「セクハラさん」の話を聞き続けなくてはいけないのか??

女性はそういうことを聞くのが日常であるし、耐性もついていくわけです。が、耐性がついているからと言って、言われていいことではないと思うのです。真っ黒な服を来て、透明人間になって、誰とも関わりたくなくなる時があります。働き方によってコントロールできるところがあるのだけれど、そうも行かないのが通勤経路です。

 

そう思うと同時に、自分も息苦しくなっていくのがわかります。

 

ーー

もう今夜は無理そうなので、明日取り戻せると信じて、休むことにします。