大切な人を嫌いにならないために

この件について考えるのは、そろそろ今日を境に終わりにしたい、とか思っている。書いてしまえばすっきりするかなと。 セクシュアルハラスメントを受けた際、私の場合しんどいのは、それを相談した、あるいは告白した相手に黙られることかもなと思った。はっ…

何が駄目なのか

久しぶりに、まずっ!と思うものを食べた。5月限定とあり、写真に惹かれて食べたが、食べ切れなかった。 実は、隣の席の人も同じものを頼んでいて、私より少し早く、料理が来た。そして、彼も3分の1くらい残ったところから食べ進まず、何度か視線を感じた。…

記憶について

だいぶ、「考えないで」いられるようになった。忘れたわけではないけれど、「忘れたふり」ができるようになった。 男性は〜、女性は〜、という言い方はつまらないと思う。私の場合、以前親しかったからと言って、それをあまり覚えていられない。だから、改め…

専門とはなにか

私の場合。 大学に勤めていると、なにかと、教育関係の課題を「あなた専門でしょ」と言われる。教育全般に通じているはずはなくおそろしい話だが、確かに、あなた方よりは知ってることはありますかね、という体でやる。しかし、もっともっと専門の人がいたら…

幸せはつくれる

今日は、ずっと家に居て、雨の音を聴いていた。 どうしたら人は苛立ちにくくなるのか調べていた。 オキシトシンというホルモンが良いらしい。いわゆるハグとかスキンシップとかに代表される行為で、幸せを感じるホルモンが出るそうだ。 しかし、誰とでもハグ…

丁寧に生きる

とりあえず元気にしています。 人に話ができたり、いろいろなことを信じたりできるレベルには回復しました。 査読もしました。書類も書きました。 なにより、連休で使い尽くした食糧を、スーパーで補充しました。鮪のアラが安かったので、これからツナを作り…

学校嫌い

今日から息子は院内学級が始まる。なぜか、始まるその日が、年二回程度の授業参観日と重なっており、幸い私は大学の研究日なので病院へ。働く親は、なかなか来れないだろうなあ。 私は学校が嫌いなので、授業参観に行くと考えただけで気鬱で、今朝は吐いた。…

初年次教育で気をつけている6つのこと

生活ががらりと変わる春。大学生が新しい学び舎で戸惑うことが少なくなるように、初年次のクラスでは、いくつか、他の授業とは異なる視点で留意していることがあります。今日はそれをご紹介します。 1. 大学内の設備や学習資源の活用方法を織り交ぜる ガイダ…

ゆるゆる

「世界」は、やっぱり、そんなに甘くなかった。さもありなん。 私は、待つことにも慣れている。待たせた分、今度は私が待つのだ。 待つ相手がいるのは、実に幸せなことだと思う。 いつでも温かい場を用意し、かつ、好奇心旺盛で話題に事欠かない自分でいれば…

移ろい

連休明け、鈍っていないか心配だったが、普通に授業できた。いや、普通以上、何年も繰り返していると、ここを板書しようとか、ここは拾ってケアしたいとか、意識的にできるようになる。毎年毎年、はじめましての学生が殆どだけれど、彼らが知らないことを伝…

生き物に癒される

昔は猫と暮らしていた。 実家を出て以来、人間以外と暮らさなくなり久しい。だが、旅先で猫を見てから、ちょっと懐かしくなっている。でも、外出の多いライフスタイルに、ペットは合わないよなあと。 大阪の海遊館に行ってみた。8階からひたすら下りながら見…

おまたせ。

朝起きて思った。謝ろうか。 自分の気持ちを伝えようと。 私はいろいろ詰めが甘いし、あなたに甘えてもいたなと。これ逃したらもう会えないんじゃないかみたいなぎりぎりの気持ちが、昔よりちょっと薄らいでたかもしれない。そう、地震のとき、あれほど強く…

小さきを集め

小さくてもいいことがあったので今日もいい日。反省も。でも、きっと小さな一歩。 そうとでも思わないと、やっていけない。

本屋にて

日々、旅のようである。 新しい薬を飲み始めた。少し眠りが深くなり起きにくさを感じたのと、やや疲れやすさもある気がするが、気のせいかもしれない。記録が必要。 今日は昨日に引き続き、息子の面会に行き、外出許可を取って美容院に連れて行った。夏用に…

陽の光

研究のことを考えていると、とても前向きになることができる。 私は非常に豊かな経験をしたのだと、いつも母校に感謝する。多分、生きていくのに必要なことを、私は大学院で学んだ。学ぶことは人を強く、そしてしなやかにする。そういう実感が自分にもあるの…

縮める

いくつか、近々、大きな決断をしなくてはならない。 しかし、今は調子が悪いため、先延ばしにしている。判断を調子が悪いときにしない方がいいと聞いたことがあるからだ。私は取り返しのつかない大きな決断を、すぱっとしがちだ。だから、慎重にとは思う、そ…

タイムカプセル

タイムカプセルを2人で山奥に埋めて、みたいなお話に憧れることがある。 数年前、父がやんやと連絡してきて「あなたたちの荷物を処分する前に見に来て欲しい」と言ってきた。こちらも忙しいのに、なんで急かすのかとは思ったが、娘と妻の荷物を自宅から一掃…

一回休み

調子が悪いときはなにをやってもだめ。 泣いて目が腫れた。 早く、5月2日が来てほしい。

後ろから来るもの

この数日、調子が悪かった。楽しみにすればするほど、すれ違ってしまう感じとか。テンションをコントロールするのが難しかった。 好き過ぎて意地悪しまくるという学生時代があった。気を引きたいというのが空回りしてしまう感じで、なんとも可愛げがない。そ…

『恋の渦』を見た。

amazonプライムでダウンロードして観た映画。 『恋の渦』公式サイト koinouzu.info DQNとどこかに書かれていたが、まああるあるの連発だよなと思って観た。ありそうな度合いが気持ちわるいくらいだった。オチは、想定内だった。 元は芝居で、映画自体は4日間…

インプット

新学期が始まり、2ヶ月のブランクでもするすると授業ができる。 非常勤時代も含め、授業をすることにも慣れた。 出していくのに慣れてはいけない。 ひたすらインプット、インプット、インプット。 人生は、バランスでできている。

混ざり合わない

ぱっと目に飛び込んできた異様な風景。 区長選挙の投票のため、近所の区立小学校に行った時に見た。息子が数年前まで通っていた小学校とは思えなかった。 時間はどんどん過ぎていて、もう、私はそこには居ない。そう説明するのも難しくて。でも、「再会」す…

働くの嫌いじゃない

とりあえず新学期である。 汗をかいて働いているのは、暑いからと、学生の熱気と。自分もギアが入ると、かなり腹から声を張る。 今日は、履修者抽選をしたのだが、どうやって落選を決めるか、についてクラスで考えた。みんなが納得できる方法で、当落を決め…

春眠と駄文

高校時代に確か1年間だけ同じクラスだった人から、数日前に突然、FacebookのMessageをもらった。文章がうまい、読むのを楽しみにしている、というような感じの内容だった。もう少し繊細な思い遣りも感じられたが、文言そのまま引くのはかなり照れくさいので…

1冊の本から

日記の更新が著しく停滞しているのは、このところ、かなりめまぐるしい移動と予定をこなしているからだ。イタリア出張に来る少し前から、息子の件と仕事の年度末を一気に追い込んで、そのまま、1時間程度の荷造りでMilanoに飛んだ。今はRomaからBolognaに向…

人を想うこと

40歳は不惑というが、私はまだまだわからないことだらけだ。 このところ、人を想うということの面白さに気づきつつある。人を想うというのは、さまざまなかたちがある。時々、一方通行になるが、それもまた良い。

常に「行ける」と考える

息子が先週無事入院し、今日は朝から面会に行ってきた。 明らかに健康的な様子になっており、嬉しかったと同時に、このまま元気になっていってほしいと思った。医師と今後の相談をした後、本人からリクエストされた本を最寄り駅で揃えて送った。 今回の件で…

人生の羅針盤

後輩が、修論を元にした投稿論文をacceptに持ち込んだことを、とても喜んでいる。 www.jstage.jst.go.jp 勿論、自分が第2著者であるから嬉しいというのもあるが、それだけではない。第1著者である彼とは、彼が大学2年からの付き合いになるので、なんとなく妙…

わかりやすさ

怒涛のラッシュ状態。 前もってやっておきたいと思っていたことが、ぎりぎりに返事が来たり。 年度内に締切の報告書への文章を今頃依頼されたり(白目)、子供が入院したので手続きで丸2日は仕事が出来なかったり、パソコンが壊れて修理に行ったら見積が当初…

仕事と僕と

「仕事と僕と、どっちをとるの。」 息子にこう言われたことが何度もある。物事はそんなに単純ではない。仕事をしなければ君を育てていくことができないのだと言って聞かせる。どうせ働く親である私は、子にこういう言い方をしなければならなくなる。それなら…