読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

師の言葉

学際とは何かという議論を修士1年のとき、青臭くしたなあというのを記憶している。今回、科研で代表2件、分担1件関わることで提出したのだが、教育学がバックグラウンドなのは全ての中で私だけである。**に教育学以外の視点が必要なので協力してくださ…

存在が不遜

職場のメールボックスを見に行くといろいろな手紙が届いていた。中には感激するようなものもあって、ああ、私は人間関係に恵まれているなあと思う次第である。 私はとても恵まれているという自覚をしており、常に感謝の気持ちを表現していきたいと思うととも…

声無きところ

先日、とあるワークショップにゲストで参加しました。 まちづくりに関するもので、私がフィールドにしている地域ではないのですが、駅が市の境にあることが、私が扱う場所と似ている特徴がありました。地域の子育て支援についてディスカッションすることにな…

なりたいものになれる。

ハロウィンです。 私は仮装していませんが、街中にはいろいろな服装の人がいました。王冠のようなカチューシャをしている女性が居て、あれは仮装なのかファッションなのか逡巡しましたが。 なりたいものになれる。 私はいつからそう思うようになったのか、考…

『校閲ガール』と頭の良さ

最近見ているドラマの一つが、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』である。 www.ntv.co.jp 校閲という職業への興味やキャストへの関心がきっかけだったが、回を追う中で、私の関心は、主人公河野悦子がいかに校閲に熟達していくか、そして彼女の並外れた…

『ハードプロブレム』を観て

ナショナル・シアター・ライブ(NTL)(※)で、『ハードプロブレム』を観てきた。 ※演劇界最高峰、英国ロイヤル・ナショナル・シアターが、 世界で上演された舞台の中から特に話題となった最高の舞台をこだわりの映像により、映画館で観られるようにしたもの…

研究者人生の転機とどうつきあうか

研究を継続すると決めたからには、それを実現する方法を考える必要があります。先日、転職すると職場を変わった後に業績数が減りやすい問題、というのを書きました。 harinezumi.hatenablog.com 研究者にかぎらず、何か環境を変えた後に生産性が落ちるという…

日常礼賛

この夏からすっかり、夜にお風呂に入るのが好きになってしまった。以前、ここ長いこと、朝風呂だったのに。(今は朝も入ることもしばしば)他人の生活習慣から受ける刺激は侮れなくて、新しい文化に触れて。自分の中には他人が沢山入っていて、いつのまにか…

曇り空の下で

見送るのが苦手である。 どのくらいの時間、後ろ姿を見ていればいいのかわからない。 あなたは振り返ることも無かった、というようなことを先日、親しい人に書かれたのだけれど、それは大変興味深い話で。なぜなら、実は私はその時、振り返っていたから。彼…

リストで振り返る

昔は業績リストを作成するのが嫌だった。フォーマットに慣れなかったし、一から作るのは骨だった。就活するにあたって、それでも沢山書く必要があり、今ではDropboxに、出さなかった書類含め何バリエーションもある。 だんだん、書くのが面白くなってきた。…

S

SMのSはServiceのS。これ、よく聞くフレーズですよね。 相手が何をしてほしいのか考えるっていうのは非常に高度な知的活動です。先日、韓国に滞在した際、「サービスってなんだろう?」と考えました。 私はこの度、初めてLCCに乗りました。韓国系の会社です…

棄てる/選ぶ

百草団地でのフィールドワークは、私自身が揺さぶられ面白いなと思うことがあるので、やりがいのある研究活動だ。おつきあいが始まってからもう少しで2年になる。 地域の方と話していると、すごいフレーズを聴き取ることが度々あって。 今日、考えさせられた…

雨が降ったらあなた

実は。 季節によって好きなタイプが違う、ということを言っていいのかわからなかった。 もっと言えば、お天気で会いたい人が違うことについて。 雨の日も晴れの日も同じ人といられる人は、すごく寛容なのか、それとも鈍感なのか。最近は違う答えもある。雨に…

ちゃんと生きていく

先週は非日常という感じで、ばたばたしていて、整理もままならぬまま、 すべてが新しくなっていく週の始め、雨の月曜日。 雨の降る前の匂いは嫌いではなくて、昨夜、散歩の途中に雨が降ってきて、そのまま濡れて帰るのは少し楽しかった。服が濡れるのはよく…

<終わり>についての雑感

昨日は2回飛行機に乗った。1回目は全日空で、機内BGMが宇多田ヒカルの特集をやっていた。宇多田ヒカルに特に思い入れがあったわけではないけれど、新しいアルバムには良い曲があった。聴いているとじんわり涙が溢れてきて、とても困った。 私の心の中にあな…

大学は面白い

全くとんでもないことになった。某記事がいろんな人に拡散されたことによって、昨日のblog訪問件数は17590、本日も既に5171(特に今日は更新もしてないのに)。 インターネットってすごいなあというありきたりの感想と、そして、文章が人の琴線に触れる時、…

生き延びる。

そうよ、私には、泣く理由が沢山あって。 でも、泣いて良い場所はそんなにないの。 だから、あなたが必要なの。それが、何か?

困惑してる

本当に申し訳ない気持ちになっているのですが、思ったことをさらさらっと書いたブログが、この2日で信じられないほど読まれています。 「覚悟した」のは6年前ですので、今の私は、ほんとに何気なく書いたんです。ある人のFBの書き込みをみて、それにリプライ…

乗り越えて

科研費の書類申請×2を終えた。ほっと一息つけるということもなく、まだ修正可能期間ということで、引き続き推敲することになりそうだ。また他が押してしまう。 明日は2つ授業があって、その後、事務方から来た書類修正をひたすらやった後、英会話がある。そ…

研究を継続する

特別深い接点はないけれど、元職場に入った若手女性研究者の「ため息」を目にし、今超忙しいんだけど、つい書かずにいられなかったので書いておく。本当はもっといろんなことがあるのでそれもきっと書く必要があるんだけど。 研究者、所詮マイノリティだし、…

科研費申請大詰め

なんで〆切間際にならないと固まらないんだろうね、文章が。 やっとできてきたよ。夏休みが終わるね。

どうでもいいこと

「あなたのインコが死んだのは、私にとってどうでもいいことです。」 中学の2年くらいだったか、このような発言を「友達」にした結果、クラスメイトからハブられてしまった女の子がいた。彼女は隣のクラスの人だった。彼女の言っていることはわりと正論で、…

ブラックなワーク

電通社員の痛ましい事件を受けて、少し思い出すことがある。 以前、発注を受けた仕事で、明らかにこれはブラックなんだろうと思う会社を見た。そこは、中間的に関与している会社だったので、私がそこと取引をしたかったわけではなかったが、入札でその会社と…

パートナー

私の人生に、「旦那」は要らない。「女房」がほしいという気持ちがある。 別に性別はどっちでもウェルカムで、いわゆる「女房役」と呼ばれるひとに憧れる。秘書だとドライすぎるし、もっと、ひとつのビジョンを共有し、一緒に何かをやっていくパートナーとい…

評価って難しいよね

昨日、困惑するメールをもらい、まあ、相当ストレスをためたわけですが、その質問の一つが「評価」に関するものだったというのが要因だったことはまああると思います。端的に言えば、「評価なんて難しい話、さらっとメールで教えてくださいって言うなよ・・…

消しました

twitterアカウント消しました。これ以上何度もblockするのは申し訳ない気持ちになるし、でもストレスがmaxだったし、説明できないけれど、兎に角、いろいろいやだったのでごめんなさい。思い当たるそこのあなた、私を探さないでくださいね。

市川崑の名作、『黒い十人の女』は、私が最も好きな映画を10本といったとき挙げたくなる作品です。1人の男性と、1人の妻、そして9人の愛人が出てきます。みんなで結託して男性の殺害計画を考えるという話です。 妻の双葉が言います。「あの人はとても優しい…

質問の仕方

質問をすることは良いことだと基本的には考えています。 しかし、あれもこれも聞いて解決しようとする人には困惑します。 先日、友人のバーテンダーが、新人のバーテンダーに沢山質問をされ、自分で調べて考えてみてほしいということを言ったという話を聞き…

ゆっくり

帰宅して気づいたら眠ってしまい、こんな時間に目が覚めてしまっているのだが、眠ったことによって体調がよくなった。 ーーー 私が自分のこどもを好きだなあと思ったことの一つに、ひとつきまえ、彼が私にかけてくれたこんな言葉がある。 「僕たちはゆっくり…

逸れもの

たくさん考えていたのに、身体が疲れてまるまりたい。 まるまりたい。 まるまりたい。 あーあ、頭に管をさして、頭の中にある言葉や画像を吸い出してくれたらいいのにと思う。もう身体が動きません。 逸れるなら勢いよくいけよ。。。。。

臆する病

このまま誰かが入ってきて、私を撃ち殺してくれやしないか。 そう思った。 それはある意味、理想的な結末だ。 なぜならば私はとても幸せで、早くそれを終わりにしたいと願っている。いつかくる絶望に対峙する自信がないのだ。 情緒が安定していないのは今に…

いいこと

いいことがありすぎて、手が追いついていないです。 私は、元気にやっています。

曖昧なもの

しあわせな気持ちと、逃げ出したい気持ち。知らないものへの恐怖、気持ち悪さ、違和感。自分に不利益などないのに、落ち着かない、焦り。 私にとって「帰りたい」は甘え。だって、本当は、帰るところなんてもう無いんだから。進むしかないんだから。わかって…

過去の自分が書いた文章。 永遠に赤入れしたくなるので、原稿校正が苦手です。まるで他人が書いたもののように見えて、ひたすら赤くしてしまう。未練がましい。 本や論文の質を上げるために、苦手とも言ってられませんが。 できることなら、研究関係以外は、…

ルーツ

東京で働いていたバーテンダーさんが、生まれ育った地域に戻って新しい出発をすると聞いて、新天地を見に行ってきた。 このblog読んでいたら、行きたくなったのよね。 regulus0731.hatenablog.com 故郷への思い入れというのはとても素敵なことで、羨ましいと…

母のこと

抱えていると自分もしんどいので書いてしまおうと思う。 母が鬱っぽい。プライドが高いので病院に言ってくれない。複数のエピソードが突発的希死念慮を意味している。できるだけ早く相性の良い専門家に相談させたい。日々の鬱々メールを読むのは面倒だが、私…

つつまれる。

ひどく雨が降るので、眠れないけど、雨は全てを受け入れて、誰の肩にも降りしきる。 今夜はきっと、相傘記念日。

逆境上等

今日は、地域の方とミーティングをしました。 この夏、大型公募に落選しました。残念でしたが、力不足でした。そのため、今後実践・研究をどのように進めていくかというご相談を地域の方とするという内容でした。しかしながら、地域の方々が、資金に頼らず何…

parallel

昼間行った場所に本棚があって、たまたま見つけて読んだ本のことが引っかかって、少々具合が悪くなっている。 ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書) 作者: 深海菊絵 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2015/06/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ…

switch

誰とでも何にでも恋に堕ちることができるswitchというのがある。世の中には、それを持っている人と持っていない人がいるような気がする。 多少、ふしだらに聞こえるかもしれないが、入れるか入れないかは当人が決める。これを持っていると、どんな仕事にも面…

シンプルライフ

学外から研究相談に来てくださる方もあり、私でよければと思って相談に乗ります。 お気軽にContactどうぞ。ちゃんと研究している人の話は大好物です。 Skypeで研究相談はやりにくく、なぜなら、白板か紙を使って説明したいからです。この部分が技術で支援さ…

川のある風景

世の中には、川を渡った人とそうでない人というのがいるというのは、常日頃から思うことである。 実際の川は、行ったり来たりができる場合も多いが、川を渡ったという経験を持つか持たないかということは消せなくて、そういう意味で、0か1かという大きな分岐…

はりねずみの家

雨が降ってきたので、ずぶ濡れになってしまいました。はりねずみは、大きな大きな木の陰を見つけ、大きく大きく深呼吸をし、こう言いました。 「ここはとっても居心地がいい。ここを僕の家にしよう。」 沢山歩き疲れたので、ゆっくり寝ることにしました。 歩…

144

言われた数字の診察室の扉を開け、私はすぐ閉めた。なぜならば知らない人が座っていると思ったからである。すかさず中から、入ってきてくださいと医師の声がする。知っている声だ、ああ合っていたのか。しかし前に座っても、一向に見覚えがなく、聞かれたこ…

過ぎ去りし

昨日今日いろいろあったんだけど、もはや日記を書くのが追いつかない。 私はマルチタスクで冷や冷やしていないと生きている心地がしないところがあって、それがうまく眠れないとかよくないあれこれを引き起こすのだけれど、トータルで言えば、休み期間と活動…

ペーペーのまま

講演や研修の依頼をいただくことが増えています。あまり長時間連続で話せるようなことは私の中にはなくて、できれば相手の話を聴いてコメントをしながら一緒に時間を創っていきたいという想いがあります。 よくもらう要望に、「もっとレクチャー時間を増やし…

ぐるぐる

こどものことで今日は大学病院に行った。 精神科や心療内科では、こどもの出生についてと、親である私のこども時代や既往歴について必ず聞かれる。非常に複雑だ。もう慣れたので、手短に相手が必要だろうと思う情報を、誤解が起きないよう説明する。こどもが…

彩りを探して

今回2週間、イギリスとフランスとドイツを旅してきました。初めてヨーロッパに行ったのが19歳の9月、いま38歳の8月なので、ちょうどよい折り返しをしたと思います。 地図に線を引いたのですが、なかなかの移動距離で、これは連続で行った中では19歳の時以来…

Later Life

毎朝、鏡を見て初めて、私はこんな姿かたちをしたいきものなんだなあと知る。 起きた時に、昨日と同じ自分だと思うことには違和感があって、それを確かめる必要がある。確かめていくというのは、昨日までの嗜好と今日の自分の嗜好の一致を確認できることだっ…

知るということ

イギリスに来ている。 朝起きて眠るまで、はりきりすぎて充実している毎日なのに、それでも時間のゆとりがあるというのは、通勤時間を含む移動時間ロスの少なさという他ない。 大学時代から常々、暑い時は涼しい場所へ、花が咲くならそこへ、秋服を買いたい…